Director・Screenwriter

News

映文連アワード準グランプリ受賞!

映像文化製作者連盟が主催する「映文連アワード2015」にて『小春日和』が準グランプリ(優秀作品賞)を受賞し、11月25日に国立新美術館にて表彰式が行われました。同アワードは広告・教育及び記録映像・劇映画の三部門から構成されており、『小春日和』が受賞した準グランプリは、劇映画部門の最高賞に当たります。

審査を務めた安藤紘平氏(映画監督・早稲田大学名誉教授)は本作について、「映像や展開にイマジネーションがあり、秀逸な作品となっていて、将来が楽しみな作家。今回の大きな収穫であり、意義ある映像祭となった」と講評を述べました。11月27日には渋谷のユーロスペース内ユーロライブで受賞作品が上映され、上映後には若手監督数名とともにトークセッションが行われました。


また、2016年1月〜2月にかけて札幌・大阪・沖縄の三都市で開催される「映文連アワード2015 受賞作品上映会」でも『小春日和』が上映される予定です。詳細は以下の通りです。

映文連アワード2015 受賞作品上映会

<札幌> 2月20日(土)第1部10:00~ 第2部13:00~(開場15分前)
会場:札幌プラザ2・5

<大阪> 1月28日(金)13:30~19:00(開場13時)
会場:中央電気倶楽部 3階 317会議室

<沖縄> 2月13日(土)第1部 13:00〜 第2部 16:40〜
会場:沖縄県立博物館・美術館 博物館講座室(1階)

上映スケジュール・チケット情報は映文連HPをご覧下さい。(http://www.eibunren.or.jp/award2015/index.html

Toshimichi SaitoComment